shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2012年02月12日

看護師国試ヤマかけゼミ実況!?第2日目

こんにちは。
秋田校の澤田石と申します。

看護師国家試験ヤマかけゼミ第2日目スタートしました!
今日は、1日いっぱい各看護学のここぞという分野・項目をみっちり講義する予定です。
それでは、さっき教室で配付してきたばかりのテキストより、担当の小松先生が厳選した問題をこちらでもご紹介いたします。

昨日に引き続き、ミニ?ヤマかけゼミスタート!!

それでは、第1問は 母性看護学 から

問題1 産褥期のホルモン変化について誤っているのはどれか。

 1. 血漿中のエストロゲン値は、分娩後減少する。
 2. オキシトシンが子宮復古を促す。
 3. 血漿中のプロゲステロン値は、分娩後減少する。
 4. プロラクチンの分泌が開始する。


目標U-4周産期にある人と家族の看護から産褥の生理と褥婦の看護についての出題です。
この項目は、一般問題でも状況設定問題でもよく出題されていますが、調べてみると過去3回連続でなんと計10問も出題されています。
まさに最頻出項目
過去問や模試でおなじみですよね。


続いての第2問は、なんと、今回第101回試験から初めて出題される 看護の統合と実践 に向けての予想問題、先生が選んだ問題がこれです!

問題2 次の文を読み1〜3の問いに答えよ。
 A県の朝の通勤ラッシュ時に列車の脱線事故が発生した。車両が1両脱線して倒れ、想定約60人の負傷者が予測される。

1 この災害の種類はどれか。

 1. 大規模災害
 2. 自然災害
 3. 人為災害
 4. 特殊災害


2 災害拠点病院からDMATが被災地に駆けつけトリアージを行っている。
トリアージにより、搬送が最も優先と判断されるのはどれか。

 1. 気道を確保したが、自発呼吸がみられない。
 2. 自発呼吸があるが、頸動脈の触知が弱い。
 3. 上腕骨を明らかに骨折しているが、歩行できる。
 4. 顔面に広範囲に切創受けているが指示には従える。


3 負傷者の救助に約6時間かかった20代男性。顔に擦り傷があり、左大腿部に車両の部分の圧迫を連続し て受けておりジンジンする痛みがあると訴えていた。受傷直後は歩いて救急車に乗り込んでいた。
  数日以内に発症する可能性のある状態はどれか。

 1. 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 2. 大腿骨頸部骨折
 3. 挫滅症候群
 4. 大腿骨骨頭壊死


新科目ということで、受験生の皆様も何をどう勉強していいのか不安に思われていたことと思います。
そこで、東京アカデミーでは、全国他社の講座に先駆け、昨年春の模擬試験や夏の講習会テキストから、いち早く予想問題を作成、講義を繰り返しています
今回の問題はその中からの1問です。

災害看護が出題基準に入り、トリアージが毎年出題されていますが、昨年3月の震災以降の様々な社会情勢を考えると、看護師国家試験でも要注意の項目ではないかと思います。
事実、当社が講座を開講している公務員・教員採用・看護学校入試全ての本試験で何らかの出題がされています。



CIMG0991.JPG
今日の担当は小松先生です。朝から先生も受講生の皆様も気合入っています!




それでは、答えあわせの時間です。

1. 正答4
2. 1.正答3  2.正答2  3.正答3

いかがでしたか?


現在、講義進行中ですので、もしかすると、フライングになるかもしれません…。
先生、ごめんなさい!

受講された皆様はもちろん、ご覧になっている方も、しっかり復習されてください!
今日の問題も最頻出項目ですので、確実にプラス1点になるはずです!!
posted by 東京アカデミー秋田校 at 12:23| 看護師国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする