shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2014年10月01日

10月1日、50周年、今日は何の日?

こんにちは。
東京アカデミー秋田校の 澤田石 です。

今日から10月に入りましたが、皆様は何を想像されますか?
衣替え、後期、下半期、稲刈り、紅葉、秋本番…
良い天気でどこか出かけたいなとさまざま考えながらカレンダーをめくってきました。

今日10月1日ですが、様々な50周年の記念日です。
まずは、朝から報道されていますこちら…。

東海道新幹線:開業50年の出発式 これまで56億人運ぶ

20141001-00000000-maiph-000-1-view.jpg

世界的に誇る日本の技術の代名詞でもある、「新幹線」が開業した日です。
技術は勿論ですが、安全性や定時性といった、安全かつ安心できる安定した運行システムは本当に素晴らしいと思います。
個人的に、様々な開発秘話などドキュメンタリーが好きですので、本でもテレビでもこの手の話はとてもわくわくしますし、関わった方々のお話や行動からは多くのことが学べます!
新幹線に興味が出てきた方は、JR東海公式の記念サイトもぜひご覧ください。
東海道新幹線 開業50周年 記念サイト


新幹線といえば、子どもの頃図鑑や社会の教科書?でみた、田中角栄元首相の日本列島改造論に基づいた新幹線計画が記憶に残っています。
全国に新幹線が整備され、秋田にも2本の路線が開通する!というものでした。
実現は子ども心にも半信半疑でしたが、大阪から海を渡って四国を東西に縦断し九州の熊本付近?まで行く!路線構想などはとてもスケールが大きく感じられました。

現在秋田には、秋田新幹線(ミニ規格ですが…)がきていますが、正直こんなに早く秋田まで路線が開業するとは思っていませんでした。利用状況は良いようですので、JR東日本の市場調査は的中しているのでしょう。

次に、地元秋田での50周年といえばこちらでしょう!
大潟村、きょう村創立50周年 大規模化で独自の発展


<秋田・大潟村>コメ作り、あきらめない…1日、発足50年

topimage15.jpg

こちらもスケールの大きさでは新幹線に決して負けていません。
琵琶湖に次ぐ広さを誇った八郎潟(八郎湖)を、国が約850億円をかけて干拓・造成した完全に人工で作られた、面積約170平方キロの村です。現在の人口は約3,200人、1967年以降、全国38都道県から計589人とその家族が入植しました。
村によると、1戸当たりの農業所得は約1,600万円(2012年)。
ちなみに、有識者による「日本創成会議」の報告書において、少子高齢化と人口流出が著しい秋田県内で唯一、若年女性が増えると予測されている貴重な村です。

入植にあたっては選抜試験と研修があったとのこと、以前入植者の方とお話する機会があったのですが、他県出身ということもあってか、農業はもちろんその他の事柄についても、秋田県内一般の方々とは異なる、広い視野、見識を持たれていたのが印象に残っています。
国の農業政策に大きく左右されながらの歩みですが、これからも秋田の、日本を代表する農業村であり続けてほしいと考えます。

ちなみに上記記事は、地元紙と全国紙の二つですが、同じ主題でも比較してみると様々な立場、見方がわかって勉強になります。

大潟村の魅力の一つに、日本離れした風景が挙げられます。
毎年菜の花の季節によく行きますし、水路の脇の木陰で一日中本を読む…というのにも最適です。
ぜひどうぞ!
素晴らしい景色はこちらから
大潟村創立50周年記念写真コンテスト・俳句コンテスト結果




50周年が続きましたので、ここらでちょっと調べてみました。

大潟村の農産物を代表するのは、なんといってもお米です。

国民一人1年あたりの米消費量
1965(昭和40)年 111.7s ⇒ 2013(平成25)年 56.9s


なんと、この50年で約半分に減っています…。
最近、肉や魚といったおかずの種類にあわせたブレンド米が販売されたり、カレー、寿司、といった用途別専用に品種が改良されたり…と米も進化し続けていますので、個人的にはぜひ頑張ってほしいところです!

では、新幹線の運賃・料金はどうでしょう?

東京〜大阪間の新幹線運賃・特急料金
1964(昭和39)年10月 2等(現在の普通車)運賃1,180円、指定席特急料金1,300円、合計2,480円
⇒2014(平成26)年10月 のぞみ普通車 運賃8,750円、指定席特急料金5,700円、合計14,450円


金額だけみると約6倍、ずいぶん高くなったように感じますが物価等の変動を考えればその動きにほぼ沿っているように思います。
JRだから高いというわけではない?

参考まで他の金額も挙げてみます。

国家公務員の初任給
1964(昭和39)年9月 上級(甲)19,100円 ⇒ 2013(平成25)年4月 総合職大卒181,200円

郵便料金
1966(昭和41)年7月 はがき7円、封書15円 ⇒ 2014(平成26)年 はがき52円、封書82円


…こうして、調べてみると面白いです。
様々なものの値段や消費量、普及率といった数字がみえてくると、50年前がどんな時代だったのか、より具体的想像でき、親近感が湧いてきます。
やっぱり、どんなことでも雰囲気主観だけではなく、具体的な根拠事例必要だな、説得力が違うと感じました。

実は、当社、東京アカデミーは1967(昭和42)年の創立、現在47歳です。新幹線や大潟村が生まれた同時代から、数多くの方々の目標実現を通じて社会に貢献させて頂いてきたのだと考えると、改めて感慨深いものがあります。
新幹線や大潟村のように、常に進化し続け、時代に必要とされるよう在りたいと考えます。

10月1日から、かなり話が飛んでしまった、東京アカデミー秋田校 澤田石 でした。
posted by 東京アカデミー秋田校 at 16:44| 秋田校からの連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする