shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月14日

【教採】2020年夏試験対策コラム A教職教養試験について

こんにちは、東京アカデミー秋田校の教採担当です。
2020年試験に向けた対策コラム第2弾は、筆記試験の「教職教養試験」についてお伝えします。

教職教養試験は全国すべての自治体で出題される、教員になるにあたって知っておくべき教育に関する知識を問う試験です。
中には、教養試験では教職教養のみ問う自治体もあるほど重要な科目です。
教職教養のみ.png
教職教養は下の5つの分野から成り立ちます。

@教育原理 教育の原理・原則に関する分野
A教育史 教育の歴史に関する分野で「日本教育史」「西洋教育史」に分かれる
B教育心理 教育心理学に関する分野
C教育法規 学校教育に関連する法令等に関する分野
D教育時事 教育に関する時事的な動向に関する分野

全国的に見ると、最も出題頻度の高い科目は教育原理(教育時事含む)となります。

教職教養出題傾向.png
試験の出題傾向は都道府県・市によって異なるため、受験する自治体の過去問題を実際に解いて、科目ごとの出題頻度や内容を確認する必要があります。ただし、注意していただきたいのは、「出題傾向」はあくまで「傾向」という点を忘れない、ということです。突如試験の出題形式が変わった際に対応するためにも、全科目・全分野について、頻出の重要項目はしっかりと身に付けておきましょう。

【教職教養の攻略方法】
教職教養試験の攻略方法は、大きく分けると以下の2点です。

@基礎的・基本的な問題を押さえる
教職教養試験は筆記試験だけでなく、人物試験にも繋がる「教師として必要な知識」を問うものです。各分野の頻出事項を中心に、内容を整理し確実に押さえておきましょう。

教職教養頻出事項.png

A新しい話題に関する問題を押さえる
新聞やニュースで取り上げられた話題には関心を持ち、内容を整理しておきましょう。

教育時事ポイント.png

教職教養試験は、出題ポイントが絞りやすいことから高得点が狙える試験です。
また、この分野で問われる「教師として必要な知識」は筆記試験だけでなく人物試験の面接や論作文にもつながり、最終合格にも直結する内容のため、筆記試験が免除となる試験枠で受験を検討される方も、@Aのポイントは外さずに押さえるよう取り組みましょう!

東京アカデミーでも、教職教養試験を始めとした各科目の対策講座をご案内しております。試験対策で行き詰った時は、是非最寄りの校舎を気軽にお訪ねください。

【次回予告】
次回のコラムでは、教職教養試験の中でも重要度の高い「教育時事」についてご案内します。
公開は11月中旬予定です。

posted by 東京アカデミー秋田校 at 18:00| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする