shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2012年04月08日

本日は大卒程度公務員の第4回全国公開模擬試験です。

皆様、こんにちは。
東京アカデミー秋田校の 澤田石 と申します。

今日の秋田校は、
教員採用試験対策講座4月生開講!
高校短大卒程度公務員対策講座4月生開講!!
そして、
大卒程度公務員対策第4回全国公開模擬試験!!!
加えて、
公務員や教員採用、ケアマネジャー試験対策講座などの個別ご相談など、社員全員フル稼働で対応させて頂いております!

CIMG1000.JPG
こちらは大卒程度公務員対策第4回全国公開模擬試験受験の様子です。
本試験が近付いてきて、真剣さも増してきています。
グッド(上向き矢印)

今回は、試験制度変更によって、出題数や解答時間が変更となる、国家公務員一般職(大卒程度)型です!

模試の進行をしながら気になった問題がありましたので、終了したばかりですが、アップしてみました。
(全国の東京アカデミー公務員担当の皆様、フライングで申し訳ございません!!)

基礎能力試験(=これまでの教養試験)ラストを飾る第40問<時事>からです。
これは出題内容から、公務員だけではなく、教員採用試験受験予定の方もぜひ挑戦してみてください
特に、秋田県や千葉県など、教育時事の出題が多い自治体志望の方は要チェックです!

それでは、一緒に考えてみましょう!時計

[No.40] 日本の最近の教育事情に関する次の記述のうち,妥当なのはどれか。

l  学習指導要領は,文部科学省が告示する教育課程の基準であり,幼稚園から大学まで存在し,国公立学校のみに適用される。ほぼ10年ごとに改訂されてきたが,法的拘束力がないこともあって,近年では要領に従う学校が少なくなり有名無実化している。このため,民主党政権は学習指導要領の廃止を決定した。

2  公立学校の卒業式で,国歌(君が代)斉唱時に国旗に向かつて起立するよう教師に命じた校長の職務命令が「思想・良心の自由」を保障した憲法第19条に違反しないかが争われた訴訟について,最高裁判所は,卒業式などでの国歌斉唱の起立は慣例上の儀礼的な所作を超えており違憲であると判断した。

3  教員の免許については,国によってアメリカのように終身有効な国とイギリスのように期間を限定する国とに分けられる。日本では, 1947年の学校教育法以来20年間と期聞が限定されてきたが,免許更新時が40歳代前半の働き盛りに当たり教務・校務への影響が大きいことから, 2009年度から有効期限を撤廃し,終身有効となった。

4  PISAとは,国連教育科学文化機関(UNESCO)が実施する学習到達度調査のことである。 国連加盟国の15歳の生徒(無作為抽出)を対象に毎年行われ,読解力,記憶力,問題解決能力,数学力,科学力の能力を測定する。問題は非公開のため対策を立てにくいものの, 日本は毎年いずれの科目も上位5位以内にランクしている。

5  高校授業料無償化・就学支援金支給制度とは, 日本で2010年度から実施されている,公立高等学校などの授業料を無償化し,私立高等学校などに就学支援金を支給して授業料を低減することを目的とした制度である。給付方式は,生徒や生徒の保護者に対して支給するのではなく,学校やその設置者に対して支給することとなっている。


いかがでしょうか?
大阪市が橋下市長となってから成立した条例により、この年度替りに話題となっている「君が代」問題、ゆとり教育を見直す遠因ともなったPISAの結果から、高校無償化、教員免許制度まで、旬なものも含めた最近の教育時事全部盛り!?の出題となっています。

ちょっと難しいかとは思いますが、これまでのニュース・話題を整理しておけば、あるいは受講生限定の「時事蔵」で学習すれば、解答にたどりつくと思います。
もちろん、教員採用試験対策講座の皆様ならこの程度は一発で決めてください。

このような質の高い出題が可能なのも、東京アカデミーが様々な試験について情報収集し研究を重ねているからに他なりません。
気になった方は、ぜひ次回、4月22日(日)第5回全国公開模擬試験〈地方上級型〉をお申込みください!!
soonお申込みはここからどうぞ!

まだ、今日の全ての試験日程が終了しておりませんので、解答は次回お知らせとさせてください。
以上、東京アカデミー秋田校 澤田石 でした。




posted by 東京アカデミー秋田校 at 16:43| 全国公開模擬試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

模擬試験は受験してからが本番です!

皆様、こんにちは。
東京アカデミー秋田校の 澤田石 です。

今日の東京アカデミーは、全国的に、大卒程度公務員第3回全国公開模擬試験でした。
ここ秋田校でも、受講生の皆様が朝から真剣な表情で取り組まれていました。

CIMG0995.JPG

今回の第3回は、「警察官・消防官」型で、出題内訳や科目別出題数、内容・難易度などが警察官・消防官試験に特化したもので、昨年度は全国で約5,200名の方に受験して頂きました。
今年は、もっと増えるのでは?と思います。

せっかくの模擬試験も受験するだけ、○つけするだけではもったいないですよね。
「鉄は熱いうちに打て!」ではないですが、悩みながら解いたり、どうしても思い出せなかったりした、その気持ちが冷めないうちに!ということで、午後からすぐに解説講義を行いました。
本番もだんだん近づいてきていますので、受験生の方々の気持ちも高まってきたのか、一般受験の方も含めてほとんどの方が講師の解説に耳を傾けていました。
帰宅後は、ぜひ講義で取り上げた以外の問題も復習して、次は完全に解答できるようにしてください。

成績表も、順位や判定だけ気にしがちですが、分野別の得点状況や、設問別の正答状況を確認して、自分自身を分析し今後の学習計画に役立てましょう。
正答率の高い問題を多く間違っているなら、合計得点は高くても知識にムラや穴があるということですので、注意が必要です。

毎日何時間勉強した!とか、○○の分野までまとめた!とか、過去問を×回やった!とかは主観的なものであり、知識として身についているのか?、考え解答できる力が高まっているのか?は客観的に判断する必要があります。
学習が自己満足に終わらないためにも、模擬試験をもっと活用しましょう!!

次回の模擬試験は、4月8日(日)第4回
平成24年度からその内容の変更が発表されている
「国家一般職型」を完全予想した内容で注目!です。

詳しい内容やお申込みはこちらからどうぞ!!


そういえば、昨日3月17日にJR線のダイヤ改正がありました。

東北新幹線では、新しい「はやぶさ」型の車両を使用した「はやて」などが増発!と報道されていました。

東京アカデミー一の新幹線好きである、仙台校の野田新幹線さんも喜んでいると思います。

その陰で、こんなニュースもありましたもうやだ〜(悲しい顔)

「日本海」のラストラン見送る 秋田駅に大勢のファン

青森〜大阪間のブルートレインで、ここ秋田から関西まで乗換なしで行ける唯一の列車でした。
この特急、1968年から走っていたということで、自分とほぼ同い年、親近感ありました。
寂しくなります…。

個人的感情はさておいて、明日の18日(月)が改正後初の受講となる受講生の皆様は、列車時刻を充分ご確認ください。

地方なので、1本逃すと1日終わる可能性がありますので…。

東京アカデミー秋田校 澤田石 でした。





posted by 東京アカデミー秋田校 at 16:56| 全国公開模擬試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする